もしかして病気?赤ちゃんのうんちの色について知っておこう

うんちは健康のバロメーター。言葉で伝えられない赤ちゃんのためにも、ママさんがうんちの状態をしっかりチェックして、赤ちゃんの体調を見極めてあげないといけません。

うんちの状態は赤ちゃんによってさまざまですが、色によって赤ちゃんの体調を判断することができます。
どんな色のうんちが気をつけるべきものなのか、うんちの色についてくわしく調べていきましょう。

7cb9972c32

健康なうんちの色って?

生まれてすぐの赤ちゃんのうんちは黒くて緑がかった色をしていますが、母乳やミルクを飲んでいるうちに『黄色』や『淡い茶色』のうんちになっていきます。
大人のものとは全然色が違いますが、正常なものなので心配する必要はありません。

母乳やミルクの時期は下痢のように水っぽいうんちも、離乳食が始まると少しずつ固くなり始め、色も大人のうんちに近くなります。
うんちの中に白いツブツブが混じっていることがありますが、これはミルクに含まれるカルシウムや脂肪が出てきているだけなので、健康には何も問題がないので安心してください。

正常なうんちは黄色いですが、たまに緑っぽいうんちが出ることもあります。大人で緑のうんちが出ることはほとんどないので心配になりますが、これも正常なうんちです。
うんちの色は黄色い胆汁の影響を受けているのですが、これは酸化すると緑色になります。母乳の場合、乳糖が乳酸菌に変化し酸化を促進するので、緑色のうんちが出ることが多くなります。
乳酸菌は腸内の働きを良くするので、むしろ緑のうんちのほうが健康的でよい状態ともいえます。

要注意なうんちの色

健康な赤ちゃんでもさまざまな色のうんちをしますが、色によっては病気のサインを表すうんちもあります。特に小児科医も要注意とするのが『赤』『黒』『白』のうんちです。
それぞれどんな病気の危険が潜んでいるのか見ていきましょう。
赤色のうんち

赤色のうんちは出血をともなううんちなので注意が必要です。O-157のような細菌性大腸菌やサルモネラ菌に感染した陽炎や、腸の一部が腸の中にもぐり込んでしまう腸重積症という病気の可能性があります。

うんち全体が赤く、イチゴジャムのようになっている場合はかなり重症なので、すぐに病院へ連れて行きましょう。うんちのついた紙おむつも一緒に持っていくと、小児科医も判断しやすくなります。

うんちの中にまだらに赤い血が混じっている場合は、がんこな便秘による出血の可能性が高いので、継続性がなければ問題ありません。続くようであれば小児科医に相談してみましょう。
黒色のうんち

生まれてすぐの赤ちゃんの黒いうんちは問題ありませんが、その後に黒いうんちが出た時は注意が必要です。うんちに血が混じることによって黒くなるからです。

腸や肛門に近いところから出血した場合は赤いうんちになりますが、胃や十二指腸のような体の奥の方で出血した場合は、胃酸に反応することによって黒色に変化します。
赤黒いうんちが出た時はすぐに小児科で診てもらいましょう。

鼻血を飲み込んだりした時にも黒くなる場合がありますが、これは一時的なものなので、数日後に正常な色に戻っていれば問題ありません。
白色のうんち

肝臓から出る胆汁が、なんらかの理由でうんちにうまく混ざり合わないと白いうんちが出ます。例えば下痢が続くとうんちがどんどん出て胆汁の量が足りなくなり、うんちが白っぽくなります。
高熱や脱水症状、嘔吐などをともなっていれば、ロタウイルスに感染している可能性があります。

下痢もしてないのに白っぽいうんちが出る場合は、胆汁閉鎖症の疑いがあります。胆汁の通り道の胆道がふさがって胆汁が出なくなる病気で、黄疸で体が黄色くなったり、黒い尿が出たりします。

先天性の胆汁閉鎖症は生後2ヶ月までの発見が必要なので、白いうんちがでたらすぐに小児科で診てもらいましょう。

うんちが変だと思ったら

まずは赤ちゃんの様子をよく見てみましょう。
赤ちゃんが苦しそうにしていないか?
おっぱいやミルクをいつもより飲まなくなってないか?
などなど。

うんちの色もおかしくて、赤ちゃんの様子もおかしければ、それは体の異常のサインです。すぐに小児科医に相談してみてください。

『このくらいで病院に行ってもいいのかな?』と思うママさんもいるかもしれませんが、その症状が異常かどうかを確認するためにも小児科へ行くべきだと思います。


小児科に行くときはうんちを持参したほうがいいです。言葉で説明するよりも、実物を見たほうが正確に判断できるからです。

持参する時は、漏れないようにビニール袋に入れてしっかり封をしてください。また時間が経つとうんちの色や形が変化しますから、すぐに受診できない時は写真に撮って持っていくのもいいでしょう。


いつもと違ううんちが出たらびっくりしてしまいますが、慌てず落ち着いて対処することが大切です。
日頃からうんちの色のチェックを忘れずに、赤ちゃんの健康管理をしっかりしてあげてくださいね。


スポンサーリンク
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336