シン・ゴジラ観てきました!

庵野監督の最新作、『シン・ゴジラ』観てきました!

godzilla

こんなに早く観にいく予定ではなかったのですが、いろいろあって公開2日目に行くことに。
相方も息子も興味ないそうで一人で鑑賞です(笑)

なにはともあれ・・よかった!

以下感想です。
多少のネタバレあるので、観てない人はご注意を。




とにかくリアリティーのある描写に最初から最後まで飽きることなく観ることができたのですが、リアルすぎて怪獣モノとして観に来たお客さんにはポカーンだったかもしれません。

特に子供が観て楽しめる映画ではないかもしれないなあ。
(子供が何度もトイレに立ってたのは飽きたからかもしんない)

政府関係者のやりとりなんか見てても楽しくないでしょう。

おいらはめっちゃ楽しみましたが。


それでもヘリのミサイル発射や、横一列に並んだ戦車からの砲撃なんかは子供も大人も大興奮間違いなしです。
自衛隊の総力を挙げての攻撃!
やっぱり兵器は燃えるぜ!

まあ効かなかったけど。


そして夜間の戦闘シーン。

自衛隊の攻撃ではビクともしなかったゴジラですが、米軍のステルス爆撃機B−2の前にはダメージを食らいます。
バンカーバスター?
155ミリ榴弾砲も効かなかったけど、背中の外殻は薄いんかな?

とにかく流血したゴジラ。その後の反撃がすごい。

夜の東京に走るビーム!ビィィーム!!

あまり言うとこれから観る人の楽しみがなくなるので控えますが、今までのゴジラとは全く違った強さを見せてくれました。



あとはねえ、やっぱりと言うかなんと言うか、全編に漂うエヴァ臭のたまらなさ。

エヴァもゴジラも好きですが、どちらかといえばエヴァ寄りなオイラとしては悪くなかったです。(否定的な人もおりましょうが)

庵野監督はやっぱり庵野監督です。


最後の尻尾のアレは・・・そういうことなんでしょうねえ。





そんでもって個人的に一番だったのがコレ。

無人在来線爆弾!

吹き出しかけた!

その前の新幹線もだけど、線路破壊されてないんかい!

ってそこにツッコんじゃ無粋か!


・・・そうか?


スポンサーリンク
広告336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336